自由が丘のLOHASな矯正歯科

【JETsystem】短期間で痛みが少ない、楽しい矯正治療。 東京、自由が丘駅から徒歩2分

2006年09月

日本矯正歯科学会の発表の前に旭山動物園に行ってきました。5

月曜担当の成田です。

先週は診療をお休みして、札幌で行われた、日本矯正歯科学会で発表と講演をして
きました。その話は来週以降でしていきたいと思います。

実は学会の前日、旭川にある旭山動物園に行ってきました。学会で発表をするときに観光をすることは滅多にないのですが、今回はどうしても旭山動物園をこの目で見ておきたかったのです。

札幌出身の同級生には「札幌に行く用事があるからといって、旭川に行く人はいないよ。だって、東京で学会があるからと行って、静岡まで行く人はいないでしょ。」もっともなご意見なんですが、どうしても行きたかった。

実際にこの日、千歳空港でレンタカーを借りて、札幌駅で返すまでなんと360kmも運転しました。これは東名高速に換算すると、東京から焼津の往復くらいの距離です。確かに辛かった。ホテルに帰ってきてたぐったりでした。それでもその後、話題のスープカレーを食べに行きました。

さて、旭山動物園ですが、何せ、込んでいました。無料の駐車場は満車。観光バスが数十台止まっていて、平日とは思えないほどの人出でした。asahiyamaeast







園内に入ると、ちょうどホッキョクグマの餌付けの時間だったので、ホッキョクグマ館へ直行しました。ここでもものすごい人でした。一通り見終わり、出口で写真をそとってもらいました。asahiyama1






旭山動物園の特徴は「動物との距離が近いこと」なにせ、近くに動物がいます。あるいはそうなるように展示をしています。成田も日頃、子供たちと動物園に行く機会があります。これまでにも、上野、多摩、ズーラシアやこどもの国にある「ふれあいコーナー」などには何度も足を運んでいます。その中で一度も動物との距離が近いと感じたことはありませんでした。


しかも、旭山の動物は”元気”です。動物園にいる猛獣はだいたいぐったりしています。しかし、旭山のとらは颯爽と歩いていました。皇帝ペンギンを始めとするペンギンたちもとても元気そうでした。ペンギンの展示には工夫があって、トンネルの中からみるとまるでペンギンが空に飛んでいるようでした。感動しました。asahiyamapenguin







同じものでもちょっと見方を変えることで、これほど印象が違うものなのだということを改めて実感しました。この経験を医院のシステムに取り入れることができないかなあと日夜思案中です。

北海道へ5

皆さん、こんにちは。
自由が丘矯正歯科クリニックの歯科衛生士 大坪です。
13日より3日間、院長&スタッフで日本矯正歯科学会へ参加してきます。


この学会は、毎年開かれる日本で一番大規模な矯正歯科の学会です。
今年は北海道で開催されます。
わたしは、衛生士になった4年前から参加させていただいています。
そこでは、わたしに矯正治療をしてくださって
歯科に興味を持ち、衛生士になるきっかけとなった先生にもお会いすることができました。

わたしが矯正治療をしていたのは、高校生から専門学生にかけての頃です。
治療する前の歯並びは、自分では覚えていません。
八重歯で切端咬合(軽い受け口です)だったのですが、自分自身では気にしていなくて
母や先生が勧めてくれたたので「じゃあやろうカナ。」といった程度でした。

矯正生活は、なかなか辛かったように思います。
歯の移動による痛みや、頬や唇に当たる痛みは辛かったですし、見た目も気になっていました。
外で何かを食べるときには、装置に絡まっていないかを気にして、お水を飲んだり(こっそりうがい)舌で触っていたり(カスを取る)しました。
(←舌で歯を触りすぎるのは大変良くない)

そして、待ちに待った撤去の日♪
嬉しくて嬉しくて、きれいに並んだ歯列をヒマさえあれば舌で触り、その感触をたのしんでいたように思います。(←大変悪い行為です)

お口の中への関心が高まり、歯磨きを丁寧にするようになりました。
(ちなみに、平均20分磨いていました。舌で磨けているかチェックして、2往復したり。)
自然と歯を見せた笑顔が多くなり
写真を撮るときも、前みたいに不自然に口を閉じてしまうことはなくなりました。
会う人会う人には歯並びを褒められるし、印象が変わったと言われることも。
(ただ、自由が丘矯正歯科クリニックに勤めてホワイトニングをしたときに、夜に会った友だちに「白すぎて怖い」と言われたことも。。:_+)

わたしに矯正治療を勧めてくださった先生と、治療をさせてくれた両親と、治療費を援助してくれた祖父母には、感謝してもしきれません。
矯正治療は、わたしに自信を与えてくれただけではなく、将来の道しるべにもなってくれました。


さて、北海道。
このブログがアップされるのは、わたしの担当曜日の木曜日の予定ですが
書いている今は、日付け変わって13日の深夜★
明日は7時に羽田だというのに、わたしは一体、何時まで起きているつもりなのでしょう。。
もうこのままだと、ゆっくりお風呂に入ってのんびり髪の毛を乾かして最終荷物チェックをしたら、家を出発する時間になってしまいそうです。

キャリーケース
北海道は、この時期からもう寒いだろうということで、防寒具を入れるために新しいキャリーケースを購入しました。
コート(いちおうコットン)も用意したし(すでに今日からコートデビュー)
準備万端です^−^


一緒のセミナーに参加している、北海道の先生や父にはお勧めのお店を紹介してもらったし、食い倒れの準備もバッチリです!

3日間も連休をいただき、急患対応が出来ない旨をご了承ください。
m(_ _)m
それでは皆さん、ごきげんよう☆

♪サイクリング♪5

1d0a5f63.jpgみなさまこんにちは。
成田清子です。

++++++++++++++++++++++

秋雨前線活躍中で、東京はしばらく
雨模様のようですね。

先日の日曜日は、昨日・今日からは想像も出来な
いくらい暑かったですよね。

その日は意を決して、家族で自転車に乗りに、
神宮外苑のサイクリングコースまで行きました。

以前、夫が皇居周辺のサイクリングコースの話を
したと思いますが、神宮外苑にもあったのです。


「緑に恵まれた神宮の森で、安全・快適に
 サイクリングが楽しめるように一般道を
 規制して開場されるサイクリングコースである」

とは、ホームページから抜粋しました。


アップダウンのほとんどない、子供でもらくらく
楽しめる、とても気持ちのいいコースです。

走っている途中では、あの有名な銀杏並木や絵画
館を眺めることが出来ます。

初心者コースや、補助輪を取る練習場(教えて
くれます)もあり小さな子供連れの家族で
にぎわっていました。

偶然その日は、国立競技場でスマップのコンサー
トがある日で、夕方からのコンサートにもかかわ
らず、朝からたくさんのファンが集まっていまし
た。

リハーサルなのか、競技場周辺では大音量で
スマップの曲が流れており、BGMつきのサイク
リングとなりました。

体を動かすって、本当に気持ちがいいですね。

これからは、スポーツにもってこいの季節なので、
体を動かして運動不足を解消し、代謝をアップ
させて、健康体を目指します!!

++++++++++++++++++++++

それではまた来週
さようなら。

驚きました5

月曜担当の成田です。

今年の夏の成田家は昆虫採集一色でした。他のことも多少はしましたが、基本は昆虫採集です。採集のためにホームセンターに行って、新しい懐中電灯を買ったり、成田は採集用の長袖のシャツまで買いました。蚊に刺されたり、藪で怪我をしたりしてしまうので、長袖が必須なのですが、薄手の長袖をもっていなかったので、8月に入ってからバーデンで購入しました。他にも、昆虫採集用の虫かご、取った虫にあげるためのゼリー、産卵用の木、などなど、本当にいろんなものを購入しました。

その中で、一つだけ幼虫を買いました。本当は菌糸ビン(成虫を大きくするためには幼虫のときの大きくする必要があって、それを可能にするのが菌糸ビンです。)を買いたかったんですが、たまたま行った、ホームセンターには菌糸ビンだけというのは置いていなくて、オオクワガタの幼虫の入った菌糸ビンが置いてありました。

きっと、こんなところで買っても、成虫にはならないんだろうなあ。と思いながらも、もしかすると、孵るかもしれないし、こっそり買ってみよう。たしか1300円くらいだったんですけど、買った瞬間とても嬉しくて、でもなんとなく、しばらく、奥さんには秘密にしておきました。

しばらくして、存在を発見されてしまったので、白状しました。オオクワの幼虫です。「そうなんだ、孵るといいね。」あまり関心がないようでした。

菌糸ビンの中で何が起こっているのかはまったくわかりません。ネットで調べてみるとどうも、死んでいるような雰囲気です。次男は成田以上に虫好きです。毎朝、カブトムシチェックをしないと保育園にも行きません。ここ数日、「オオクワチェックしようと」とうるさくいうので、昨日、ふたを開けてみました。

菌糸ビンの中から少しずつ、土を出して行きます。そうすると、中に洞が空いているのがわかりました。もう少し掘り進めると、黒い背中が見えました。しかも動いています。傷つけないように、掘り進めると、オオクワの♀でした。成田はどうしていいかわからず、近くにあった携帯でヤマトさんに連絡し、今後の処置の指示を仰ぎました。次男は手に乗せて、「ママー、オオクワだよー」とキッチンまで見せに行っていました。

オオクワ



小さなことかもしれませんが、なんだか昨日から気持ちは絶好調です。これもきっとオオクワのおかげです。来年は、オオクワ採集を目標にしようかなあ、なんて欲張りなことを考えています。

何かを育てるのって、ワクワクドキドキする感じですね。来年のカブトムシパーティー用の卵も沢山生まれ、幼虫もすくすく育っています。カブトムシパーティー2007は来年の春休みに行う予定です。楽しみにしていてください。

卵

☆今週のお花☆5

b8650840.JPG今回のお花ピックアップは・・
情熱的な赤で炎が燃えている
ような印象を受ける

「グラリオサ」です☆









ユリ科グラリオサ属のお花で、見た目通りあっつい
アフリカ、熱帯アジアが原産国です。

聞きなれない名前で覚えるのが大変ですが、
その名の由来はラテン語の
「gloriosus(見事な)」
からきているそうです。

確かに一枚一枚意志があるかのように分かれていて
自分を表現している華麗さはは
「お見事っ!!」という感じです。


気になる花言葉は栄光です。



最新コメント