e156ae62.jpg日曜担当の岩井です。久しぶりにブログにアップします。
昨日から『ダヴィンチコード』が世界同時公開されましたが、既に劇場で観られた方も多いことと思います。それにしても相当混雑しているみたいですね。
本屋ではダヴィンチ関連本、TVでもダヴィンチ、ダヴィンチ。大学で美術史を勉強していた頃には想像もできなかった盛り上がりです。はたして映画はいつ観ることができるのやら。
さて、ダヴィンチと言えばモナリザが有名ですが、個人的に手がとても女性的で良く描けているなぁ〜と、思って観てたのですが、ある説では手の部分が未完成だそうです。それにしても、なぜモナリザは美しく、どことなくミステリアスな雰囲気が漂っているのでしょう・・・。美しいとされる1対1.618・・・の黄金比を意識され描かれているからでしょうか。本当に謎めいた絵です。
そうそう、実はi-podも黄金比で作られてるそうですよ。そりゃ売れるわけですね。